西原ワールド アート医研

おすすめサプリメント*よくいただく質問


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/nishihara15/www/2015wp/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/nishihara15/www/2015wp/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

【発育】栄養不足になりませんか?

Q. 1歳過ぎまで母乳やミルクのみだと、栄養不足になりませんか?

A. 母乳のみでも、栄養面は全く心配いりません。

ただし、お母さんが十分に鉄分の含まれる食事をとり、その栄養が含まれた母乳からたくさんのミネラル、鉄分、ビタミンをとることが、赤ちゃんの腸の吸収にとって最もよいやり方なのです。
 動物学的にいうと、4歳ぐらいまでは母乳のみでかまわないのです。人間に近い類人猿のオラウータンやゴリラは、2歳まで母乳のみで健康に育ちます。彼らの成長の速さは人間の倍ですから、ゴリラの2歳は人間でいうと4歳。ですから、本来4歳頃までは母乳のみで栄養面は問題がありません。
 ただ、ずっと母乳のみだと、赤ちゃんが貯えた鉄分が不足するという理由から鉄分補強の人工乳や離乳食を与える必要があると一般には言われています。たしかに、鉄はヒトの体の中でわずかな量しか必要ありませんが、なくてはならないものです。体の中の鉄分の多くは赤血球の中に含まれていて、ヒトの赤血球は老化して分解されます。しかし、分解された鉄分は新しく生まれた赤血球にそのまま利用されますし、その他の鉄分の多くも再利用されますから、体内の鉄分はリサイクルされて使われそれほど多くを補給する必要はありません。
 さらに、乳児初期に多めの鉄分を与えることは、母乳中に含まれるラクトフェリンの抗菌活性を阻害し体の抵抗力を弱める危険さえあり、鉄分は与えればいいというものではないのです。
 また、鉄分補給のため牛乳を与えるのが良いといわれていますが、赤ちゃんに生の牛乳を与えると、含まれている鉄分が少ないだけでなく、牛乳が腸管を刺激して体内の鉄分は少しずつ減ってゆきます。この習慣が続くと、相当量の鉄分がなくなってしまいますから、むしろ牛乳で鉄不足になり、顔色まで悪くなることさえあるのです。

【発育】母乳中心にすると体重が減った

Q. 母乳中心にすると体重が減りました、このままで大丈夫でしょうか?

9ヶ月の娘が7ヶ月のときに卵アレルギーと診断されました。5ヶ月から離乳食を始めていましたが、その後、先生の本を読み、母乳育児に戻しました。夜中の授乳が大変でしたが肌のがさがさが少し治ってきました。便は緑色からいつも黄金色になりました。しかし体重が減り、このままで大丈夫でしょうか。

A. 赤ちゃんにとって母乳に勝るものはありません。この場合にはよい母乳でなくてはいけません。

お母さんが、和食中心の食事で冷たいものを避け、充分によく噛み、鼻呼吸にし、充分な睡眠をとり、ストレスのない、ゆったりとした生活を心がけてください。
体重が減って気になり、母乳が充分でない場合は、乳児用の粉ミルクを足すことをお勧めします(この場合の温度は40から41度を厳守、哺乳瓶の穴が大きすぎないように注意)。9ヶ月は7800g程度を理想としています。肌が冷えるといろいろなトラブルの原因なります。足先をいつも暖かい状態に保ち、おしゃぶりは嫌がってもうまずたゆまず試みると、もう少し肌の症状が改善されると思います。

【発育】母乳のみでは発育が心配

Q. 小柄なので、母乳のみでは発育が心配です。 周囲の人からも離乳食を勧められますが…

A.小柄でも、赤ちゃんが健康なら自信を持って子育てを

6ヶ月を過ぎてもミルクのガブ飲みや離乳食をたくさん食べることにより、体がスリムにならず、そのままどんどん体重が増えた赤ちゃんは肥満になり、体全体を活発に働かせることもできず、運動機能も遅れがちになります。昭和40~50年代に推進された乳児栄養の指導方針は、身長・体重を欧米先進国並みの体格に発育させることのみに目を向けてきました。しかし、母子健康手帳の発育曲線に惑わされることなく、お子さんを健康に育てるためには離乳食を焦らず、1歳過ぎまで母乳中心で育てることが大切だと知ってください。何より重要なのは、お子さんが健康であるということです。ですから、周囲の雑音に影響されることなく、お母さん自身が自信を持って子育てをしていただきたいと思います。

アメリカの育児書の『シアーズ博士夫妻のベビーブック』でも、次のように書かれています。
「母乳育ちの赤ちゃんと粉ミルク育ちの赤ちゃんでは、成長パターンに違いが現れることがありますが、現在使用されている成長グラフは同じものとなっています。」「母乳育ちの子のほとんど全員が、母乳の脂肪分が自然と少なくなる6ヶ月頃から1歳くらいまでに、自然にスリムになっていくものです。母乳育ちの子は、最初の6ヶ月間は肥満傾向にあっても、やがて運動量の増加によって脂肪が燃焼していき、6ヶ月から1歳までの間にスリムになっていきます。」(『シアーズ博士夫妻のベビーブック』より)
「母乳育ち」と「粉ミルク育ち」の赤ちゃんの成長パターンをいっしょにした日本の「母子健康手帳」の乳児身体発育曲線からは、ヒトの赤ちゃん本来の成長パターンを見ることは決してできません。
母乳の赤ちゃんは、6ヶ月頃を境に母乳の脂肪分が少なくなるので、それまでのコロコロ、プクプクした赤ちゃんらしい体型から、しだいにスリムになっていきます。この時期は、ちょうど大脳の働きが活発になる頃でもあります。スリムになって体全体の働きが活発になるからこそ、脳の働きも活発になるのです。

 

【発育】まだ歯が生えてきません。

Q. 8ヶ月でまだ歯が生えてきません。

A. 歯の生える時期と離乳食は関係ありません

歯が生える時期には個人差があり、早い子は5~6ヶ月頃から生えてきますが、遅い子の場合は1歳過ぎてからという場合もあります。しかしこれは体質や遺伝によるもので、離乳食で歯ぐきを使うこととは全く関係ありません。もしかしたら、お父さんやお母さんも赤ちゃんの頃歯の生えるのが遅かったのではありませんか? 歯の生えるのが遅いということは虫歯の心配もないということですから、気にせず母乳中心で離乳食開始を焦らないようにしましょう。

 

【発育】貧血と診断されました。

Q. 貧血と診断されました。

母乳中心の育児を実践していますが、1歳7カ月の子供が病院の検査で貧血と診断され、鉄剤(シロップ)が処方されました。

A. 赤ちゃんは大人のミニ版ではありません。血液検査のデータに惑わされることなく、お子さんの状態から判断してください。データのみを深刻に受け止めることは全くありません。

一般に赤ちゃんの血液は採取しにくく、異常値が出ることがしばしばあります。元気にも拘わらず、異常値が出た場合はそのデータを疑う必要があります。問題となるような貧血があれば、先ず脈拍が極端に増え、欠滞など心臓に障害が出て、顔色不良、虚弱、不機嫌、低体温になります。

赤ちゃんや子供の場合、元気で機嫌がよく、よくお乳を飲み、便は緑便でなく、体が温かく、仰向き寝で、鼻呼吸であれば心配はありません。
しかし最近の小児科医は、検査結果を優先し、所見を無視する傾向にあります。
元気に問題なくお育ちであれば、何もご心配はないでしょう。鉄剤(シロップ)が出たとのことですが、赤ちゃんは充分に吸収しませんから、お母さんが鉄分やミネラルを取ることをお勧めします。
特に鼻呼吸を心がけ、低体温にならないようし、良い お乳を与えることが肝要です。
検診時によくあるケースが、母乳育児であることを告げると、途端に態度を硬化し、血液検査を強要し、少しでもデータが低いと離乳食を強要することです。母乳育児を行っていても、指導のように5か月より離乳食を与え、母乳は一切与えてないと告げると、よく育っていると言われるそうです。

【母乳・ミルク】生理が始まり母乳の出が悪い

Q. 生理が始まると母乳の出が悪いようですが、このまま与えていていいですか?

A. 生理の期間中は母乳の出が悪くなる方もおられるようですが、その場合は少しずつ何回も飲ませるといいでしょう。

一度にたくさん飲ませるより、ちょこちょこ与えるほうが赤ちゃんの腸には負担にならないからです。また、どうしても足りないような場合は、乳児用のミルクを母乳のあとで30cc程度足すか、月齢の高い場合は純白米のおも湯で補うといいでしょう。しかし、ミルクやおも湯を足す場合は、赤ちゃんのうんちがいつも黄金色のいい状態かどうかをよく観察し、赤ちゃんの消化能力を越えないように与えすぎに注意することです。 ミルクは40度を保つよう注意しましょう。

 

【母乳・ミルク】母乳が出ない

Q. 母乳が出ないのでミルクです。 ミルクの与え方で注意することがあったら教えてください

A. ミルクは母乳的飲ませ方をさせましょう

母乳で足りないときは、母乳と乳児用粉ミルクの混合育児にします。その場合、粉ミルクを一度にたくさん(100~150㏄)足してしまうと、その子の消化能力をオーバーしてしまい、不消化の緑便が出てしまうでしょう。赤ちゃんの便の状態を見ながら、ミルクの量がオーバーしないように補うことが大切です。「少量だから消化にいい」と思って、たくさん与え過ぎないことです。ミルクは缶に一回の規定量が書いてあり、そのとおりに一回に180~200㏄も飲ませると、授乳間隔が長くあきます。そのほうがお母さんには都合よく思われますが、一度にたくさん飲ませると、赤ちゃんはうなったりいきんだりしがちです。そして、覚醒している時間がほとんどない状態で眠ってばかりで、目覚めては泣くということを繰り返す。さらに、肛門が赤くただれてかぶれたり、舌の上に真っ白なコケが生え、目やにや鼻水、鼻くそがたまることも多いのです。赤ちゃんの消化能力をオーバーする量のミルクを与えると、便も不消化の緑便になります。
そこで乳児用ミルクを与える場合は、1回に60~100cc程度を1~2時間おきに与えるようにするのがコツです。母乳の場合は、一度に何百㏄も出ませんから、ミルクも母乳と同じように少しずつ頻繁に飲ませるのがいいのです。 ただ、授乳のたびに少量のミルクを調乳するのは大変です。そこで、1日にだいたい600~800㏄くらいまでを限度に、朝まとめて調乳しておき、冷蔵後に入れておきます。そして、授乳のたびに60~100㏄を清潔な哺乳びんに取り分けて、湯せんして温めて与えます。こうすれば、1日にどれくらい飲んだか、すぐにわかりますし、1~2時間おきの授乳ごとに、毎回調乳する手間も省けます。 ミルクのお温度は40度を保ちましょう。特に寒い時期はミルクがすぐに冷めるので温度に注意しましょう。 こういうと「粉ミルクは、飲むたびに新しく作らないと不潔になるのでは?」と心配するお母さんもいるかもしれませんが、ミルクの作り置きがよくないとされたのは、まだ家庭に冷蔵庫がなく、上下水道も完備していなかった時代のことなのです。一度口をつけた飲み残しのミルクをとっておくのは、雑菌が繁殖する可能性があるのでやめますが、清潔な哺乳びんに衛生に気をつけてつくったミルクを、口をつけず授乳のたびに取り分けるのですから、腐敗するなどの心配はありません。

 

【母乳・ミルク】栄養不足になりませんか?

Q. 乳児用ミルクで栄養不足になりませんか?

西原先生は、母乳が出ない場合は1歳過ぎても乳児用粉ミルクを与えるようにとおっしゃっていますが、一般には9ヶ月頃からフォローアップミルクに切り替えたほうがいいと聞きます。

A. 乳児用ミルクのほうが栄養面は優れています。

母乳が出ない場合に乳児用ミルクを勧めているのは、乳児用ミルクはタンパク質がアミノ酸まで細かく分解されてタンパク質の抗原性を消してあるので、吸収されやすくアレルギーを起こしにくいからです。
しかし、フォローアップミルクはタンパク質が細かく分解されていない(ペプチド)ので、アレルギーを起こす心配があり、便も消化不良の緑便になりやすいのです。フォローアップミルクというのは、離乳食が進まない赤ちゃんに、不足しがちな栄養分を補うために作られたミルクです。しかし、本来赤ちゃんは1歳過ぎても母乳や乳児用ミルクだけで栄養は充分足りるのですから、フォローアップミルクは必要ありません。 母乳が出ない場合は、何ヶ月になっても乳児用ミルクを飲ませてください。乳児用ミルクは、生まれて間もない赤ちゃんがグングン育つのに十分な栄養が含まれていますから、栄養不足は心配せずに飲ませていていいのです。

 

【母乳・ミルク】哺乳びんはいつまで?

Q. ミルクを飲ませるのに、哺乳びんはいつまで使っていいですか?

A. 虫歯の心配なら、授乳後に歯を拭けば大丈夫です。

保健所などで、1歳過ぎたら哺乳びんをやめるように指導するのは、歯が生え揃ってくる時期なので、ミルクに含まれる糖分で虫歯の心配が出てくるからです。しかし、授乳後にガーゼで歯を清潔にすれば、虫歯の心配はほとんどありません。ミルクは上の前歯のまわりにたまりやすいので、上の前歯を中心に清潔なガーゼなどでよく拭 くといいでしょう。 なお、哺乳動物はできる限り哺乳びんを使うべきなのです。早い時期からスプーンやコップ、ストローなどを使わせるようにすると、口呼吸の習慣がついてしまい、プラス面はありません。

 

【離乳食】タンパク質はいつ頃から?

Q. 離乳食を開始する際の、進め方や、与えても良い食材を教えてください。
特に、タンパク質はいつ頃から何を与えたらいいですか?

A. 植物性タンパクでは、おかゆなどの主食を少しずつ与えてください。

1歳から1歳半に近くなって離乳食を開始する場合は、純白米のおも湯(玄米は有害因子のアブシジン酸、フィチン酸を含むため白米のおも湯にすること)を1~2さじから始めます。与え方は母乳やミルクを飲ませた後、3~4時間おきくらいに1日5回程度与えてみましょう。お母さんが薄めと思うくらいの塩味をつけてあげると、無味よりもおいしく食べられます。ただ、あくまでもメインは母乳やミルクと考えて、欲しがっても与え過ぎないよう注意が必要です。おもゆをミルクと一緒に、哺乳瓶で与えてもいいですね。1歳半頃からは、にんじんやさつまいも、じゃがいも、大根、かぶなどの根菜類を、スプーンの背中でつぶせるくらいにクタクタに煮たものとそのスープを少しずつ食べさせてみます。ミキサーにかけたり、裏ごしはしません。様子を見ながら量を少しずつ増やし、野菜の種類も増やしていきますが、主食のおかゆより副食の野菜が多くならないように注意してください。たまねぎやかぼちゃは、上記の根菜類よりは少し遅らせたほうがよいようです。また、イモ類でも、サトイモやヤマトイモなどタンパク質分解酵素を含むものは与えません。2歳頃から、ご飯と野菜類を一緒に煮たおじやなどを与えていきます。この頃になったら、タンパク質もお豆腐などから少しずつ加えていってもいいでしょう。納豆は納豆菌のため与えません。そろそろ奥歯も生えそろってきますから、良く噛ませるようにしましょう。月齢に応じて体重が順調に伸びない場合は、離乳食に乳児用ミルクを使った、根菜ミルクスープ、ミルク粥がいいでしょう。
2歳から2歳半頃からの動物性タンパクは、白身魚、鳥のささみ(鳥類)が適しています。牛肉や豚肉は、ヒトと同じ哺乳類のため控えましょう。魚は焼魚ではなく、十分火が通り、焦げたりしない煮魚ですね。もちろん、干物はいけません。
離乳食は分解され、消化・吸収さてはじめて栄養になります。緑便・下痢・便秘の場合は、不消化の便で、赤ちゃんの消化能力をオーバーしています。赤ちゃんにとってお通じは健康のバロメーターです。便の状態をよく見ながら、常に黄色っぽい、大人のように臭くないいい便が出るように、量と内容を考えながら食べさせるようにしましょう。食べ過ぎ・与えすぎに注意し、味も濃くならないようにしましょう。

 

1 3 4 5 6 7